申し込みの審査|主婦カードローンでハッピー生活!

申し込みの審査を受けやすい

主婦が歓迎されていると、審査の心理的抵抗が少ない

キャッシングの審査というのは、主婦カードローンでもそれ以外でも、誰でも緊張するものです。慣れている方ならいいですが、そもそもこういうものに慣れるのはどうかと思いますし、一回利用したらその後は利用しないという方が本来正しい姿です。そして、そのような緊張や罪悪感のようなものが薄れる(主婦の方にとって)というのが、主婦カードローンの魅力だといえます。

 

専業主婦でも借りられるというのは、どこでも同じ

金融の知識がない方は、専業主婦だと借入ができないと思っているかも知れませんが、カードローンはどこでも専業主婦でも大丈夫です。自分の収入がない、パート・アルバイトもしていない方でも大丈夫です。借入限度額でいうと、、大体30万円レベルまでOKです。収入証明書を提出する必要もありません。なので、普通のカードローンだと主婦はかりられないと思って主婦カードローンを探している場合、それは大丈夫です、ということを伝えたいです。

 

旦那さんの収入証明書は出す必要があるか?

これは基本出さなくていいのですが、旦那さんの職業によっては出す必要があるかも知れません。というのは、男性本人が借入する場合でも、たとえばフリーランス、個人事業主、自営業などの不安定な職業の方は、収入証明書の提出が必要だからです。確定申告の書類などですね。なので、専業主婦の方でも夫がこういう不安定な職業についているという方の場合は、源泉徴収票などを要求される場合もあります。

 

借入可能金額はどのように決まるのか?

もし収入証明書を出さない場合、30万円くらいになると思います。このあたりはカードローン会社のルールによって違うでしょうが、とりあえずの目安です。イオン銀行の場合はそうでした。そして、貸金業法のルールとしては、年収の3分の1まで借りられる、ということになっています。総額規制というルールです。

 

パート・アルバイトをしている主婦の方は審査でも有利

当然と言えば当然ですが、アルバイト・パートや何らかの副業をしていて、自分の収入があるという主婦の方は当然有利です。その年収の3分の1まで借りられるとは限らないですし、むしろ5分の1くらいから始まることも多いですが、それでも借りられることは借りられます。借入可能金額については、最初は少なくても返済実績を積み重ねるうちに徐々に増額されていくので、不満を感じる必要は特にないと言えるでしょう。