キャッシングとクレジットカードの違い|主婦カードローンでハッピー生活!

主婦キャッシングとクレジットカードの違いは何か?

クレジットカードはそのまま買い物することができる

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。ショッピング枠は「買い物にしかつかえない」代わりに「そのカードだけで買い物ができる」というメリットがあります。キャッシング枠は「現金が引き出せる」代わりに「買い物はできない」というデメリット、メリットがあります。

 

どちらが便利なのか?

これは甲乙つけがたいです。そのまま買い物ができるというのは確かに便利ですが、その分クレジットカードのキャッシング枠は審査が厳しくなっています。ショッピング枠の審査は通っても、キャッシング枠の審査は通らない、あるいは限度額が小さくなっているという方は多いです。審査が簡単というメリットも含めると、普通のカードローンの方が有利といえます。

 

通常のカードローンのメリット・デメリットは?

逆に通常のカードローンは、たとえばコンビニのレジでこれをかざして商品を買う、などの使い方ができません。つまり、何か融資を必要としてその金額を手に入れるという時以外は使わないのです。いわば緊急用のアイテムがカードローンといえます(実際、日常的に使っていたら破産してしまうので)。

 

カードローンは、いざという時以外使わないのがベスト

当然と言えば当然ですが、カードローンはいざというとき以外は使わないのがベストです。誰にでも交通事故や、あるいは友達の結婚式など、急に数万円〜10万円程度必要になることはあります。貯金が豊富にある方ならこういうピンチも簡単にクリアできるでしょうが、そうでない方も多いでしょう。そういう急場をしのぐには、カードローンというのは便利なシステムです。

 

借りたらできるだけ早く完済しよう

これも巷でもう耳タコというくらい言われていることですが、借入をしたらゴールではありません。そこから返済しないといけないわけですから、まずはシミュレーションをしっかりして、完済をできるだけ早くしましょう。ネットのシミュレーションサイトを使えば、月々の返済がいくらの場合、どれだけの期間で完済できて、最終的に支払う利息の累計はいくらになるのか、ということをリアルに把握できます。キャッシング地獄に陥る方というのは、こういう計算をしていなくて借入残高も把握していないので借金地獄になる、というケースが多いのです。逆にいえば、計算と把握さえしっかりしていれば大丈夫ということで、ぜひ、こういうシミュレーションをすることをおすすめします。